ブラジリアンワックスでぶつぶつ肌になることはあるの?

ブラジリアンワックスを使ったムダ毛の処理はワックスで無理やりムダ毛を引っ張って処理をするので、お肌のトラブルも起きやすいです。
そのトラブルに対応をするためのケアもしっかりと行う必要があります。
サロンではケアもしっかりと行ってくれますが、自己処理でブラジリアンワックスを使うと、アフターケアが疎かになってしまうこともあります。
ですから、自己処理でブラジリアンワックスを使う場合には十分に注意をしなければいけません。

ブラジリアンワックスを使ってVIOラインのムダ毛の処理をすると、どうしても処理後にぶつぶつした状態になってしまいます。
この症状は個人差はありますが、施術後ほとんどの人に見られます。
自分だけではないので、特に不安になることはありません。

ではどうしてブラジリアンワックスを使った施術では、ぶつぶつした状態になってしまうのでしょうか?
ブラジリアンワックスのワックス剤を塗布し、引きはがす時に毛と一緒に引っ張られた皮膚が盛り上がり、鳥肌の状態になってしまいます。
時間の経過とともにこの状態は解消しますが、暫くは状態が続いてしまうことがあります。
すぐに赤みが引けば、ぶつぶつした状態が気になることはなくなるでしょう。

またムダ毛を毛根細胞とともに引き抜くということで、ワックスを引きはがした際には、お肌の毛穴が開いた状態になってしまいます。
開ききった状態になってしまえば、そこから雑菌が入り込んで炎症を起こす原因ともなってしまいます。
炎症が起きてしまうと、どうしてもぶつぶつした状態になってしまいますし、ニキビのような症状が出てしまうことがあります。

だからこそ、ブラジリアンワックスを使ったムダ毛処理を行った後には毛穴をしっかりと引き締めるケアを行う必要があります。
冷却を行い、できるだけ早くに毛穴を元の状態に戻すことが重要です。
それがお肌のぶつぶつ状態を緩和させる方法でもあります。
十分な冷却を行うことで雑菌の進入を防ぐことが出来るようになるのです。

クチコミの中には、ブラジリアンワックスでムダ毛の処理をしたところ、ツルツルの状態になるどころかぶつぶつの状態になってしまって、余計に汚くなってしまったような気がする、という意見もあります。
この場合、ケアをした際の冷却が不十分だったと考えられます。
ぶつぶつした状態になってしまうと、これを解消させることが難しくなるので、アフターケアはしっかりと行う必要があります。