生えかけの状態でブラジリアンワックスは使用できるの?

ブラジリアンワックスでVIOラインのムダ毛を処理したい場合には、自己処理なしで行ったほうがよいです。
あまりにもムダ毛が長いのでハサミで短くカットをしたほうがよいのではないか、と考える人もいますが、実は生えかけのような状態ではブラジリアンワックスは効果を発揮することが出来ないということがあります。
ブラジリアンワックスがムダ毛をしっかりキャッチすることができないということになるので、ムダ毛は短くはないほうがよいです。

そう考えると1度はブラジリアンワックスでVIOラインのムダ毛を処理して、再びムダ毛が生えてくるまでの間は見苦しい感じになってしまう、ということもあります。
ある程度の長さがなければキレイに処理をすることができない、ということがあるのです。

また自己処理でカミソリなどを使ってVIOラインのムダ毛を処理した場合、生えかけの状態になるとチクチクしたり、かゆみが発生をすることがあります。
せっかくキレイな状態にしたのに、不快な状態になってしまっては意味がありません。
ブラジリアンワックスであれば、1度ムダ毛を処理した後でもチクチクすることはほとんどありません。
処理を行った直後にはかゆみや痛みが発生をすることがありますが、ずっと続くわけではありません。
2,3時間程度で落ち着く人もいますし、長くても1日あればかゆみも痛みも消えてしまいます。

せっかくキレイにしたのに、生えかけになったらまたブラジリアンワックスで処理をしたくなるということもあるでしょう。
しかし無理はしないほうがよいです。
キレイに処理をしたいのであれば、生えかけの時には行わず、ある程度の長さが出てきたときに処理を行ったほうがよいでしょう。
そうすることによって、ブラジリアンワックスも効果を発揮することができます。

生えかけの状態というのはあまりよいものではないでしょう。
その状態でカミソリなどで自己処理をすることは避けたほうがよいです。
カミソリを使った処理というのはお肌にダメージを与えることになってしまうので、キレイなお肌にはなれません。

またブラジリアンワックスを繰り返し使うことによって、古い角質もムダ毛とともに処理をすることができ、ピーリング効果も期待することができるのです。

ブラジリアンワックスは生えかけの状態には使っても効果を期待することができませんし、キレイな状態にすることができないので、時期を見極めることも大事です。